関東の初日の出で有名なところ

関東の初日の出で有名なところ

関東の初日の出で有名なところを挙げてみましょう。
まず、人気No.1とも言われている初日の出スポットが、千葉県の「九十九里浜」です。
こちらでは、水平線からゆっくりと昇る初日の出を、刑部岬から太東岬にかけて、日本で二番目に長い砂浜から拝む事が出来ます。
また、刑部岬に立つ「刑部岬展望館」からの眺めは、「日本の朝日百選」に認定されている程の絶景で、ここは初日の出を拝む事が出来る穴場スポットにもなっています。
山頂・離島を除いて、全国で一番最初に初日の出を拝む事が出来るスポットが、関東最東端にある千葉県の「犬吠埼」です。
こちらは、全国でも屈指の初日の出の名所となっていて、毎年各地から大勢の人が訪れて賑わっています。
また、東京のシンボルとも言える「東京タワー」も、初日の出を拝むには絶好のスポットです。
東京タワーには、高さ150mの大展望台と高さ250mの特別展望台があり、寒さを気にせずに、ゆったりと東京湾から昇る初日の出を拝む事が出来ます。
ただ、特別展望台へは入場制限があるので、お出掛けの際には注意して下さい。
ミシュランで三つ星観光地として紹介されてから、さらに大人気になったのが、東京都の「高尾山」です。
高尾山では、山頂の見晴らし台で日の出に合わせて迎光祭も行われているので、初日の出スポットとしても人気です。
また、パワースポットとしても有名なので、初日の出を拝むついでにパワーももらいに、是非訪れてみては如何でしょうか。