福岡の初詣で有名な場所とは?

福岡の初詣で有名な場所とは?

福岡で初詣は何処に行こうかと迷った際に、参考になるような場所を集めてみました。
まず、今や受験生の聖地とも言われているのが、「太宰府天満宮」です。
学問の神様として崇められている全国の天満宮の総本宮と言われていて、日本全国から訪れるお正月の三が日の人出は、約200万人にも上ります。
お正月の4日には、宮大工の仕事始めの儀式「斧始祭」、7日には木彫りのウソ鳥を交換し合う「鷽替え」と、夜には煙と炎に包まれる「鬼すべ」の神事が行われています。

 

西日本で有数の参詣客を誇っているのが、「宮地嶽神社」です。
日本一大きいと称される注連縄がある拝殿、七福神社、稲荷神社と進んで行くと、日本最大級の横穴式石室古墳のある不動神社へ達します。
開運商売繁昌の神社としても知られていて、お正月の三が日には100万人以上の人々が参拝客として訪れています。
神社の参道には、商売繁昌にちなんで、招き猫やダルマを販売している店も多く目に付き、元旦には深夜から賑わいをみせています。

 

宗像市にある、道の神様として信仰されてきた日本最古の神社の一つが、「宗像大社」です。
宗像大社とは、沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称ですが、最近は、辺津宮のみを指す場合も多くなりました。
日本各地に7千程ある宗像神社、厳島神社、及び宗像三女神を祀る神社の総本社でもあります。
お正月には65万人もの初詣客で賑わい、会社単位での参拝も多いようです。