喪中の時は初詣は行く?どうする?

喪中の時は初詣は行く?どうする?

「喪中の時は、神社にお参りしてはいけません」なんて、耳にした事はありませんか?確かに、喪中の時の初詣はどうしたら良いのか迷ってしまいますよね。
調べてみても、喪中の1年間は行ってはいけないとか、50日を過ぎていたら行っても良いとか、松の内を避けるならば行っても良い等、どれが正しいのか分かりません。
けれど、まず言える事は、神社とお寺では「死」に対する考え方が違う為に、お寺への初詣に関しては喪中でも全く問題はありません。
初詣は旧年の感謝と新年の挨拶をする事が目的ですので、喪中でも是非お参りして下さい。
ただ、神社の場合、喪中の期間は身が穢(けが)れていると考えられている為に、お参りしてはいけないと言われています。
神様は、穢れたものを嫌がると言うのがその理由です。
この際、お宮参り等でどうしても神社へ行かなければならない場合には、鳥居を潜らなければ構わないようです。
最近では、このような風習に拘る人も少なくなったようで、どれが正しくて、どれが正しくないとは厳密には言えません。
また、その地域や家庭の風習によっても異なるので、迷った場合には年長の方の判断を仰ぐようにすると良いでしょう。
それでも初詣を迷ってしまう場合には、初詣の代わりに御先祖のお墓参りをし、お寺の御住職にもきちんと挨拶をして、旧年の感謝と新年の挨拶を行うと良いのではないでしょうか。