大阪の初詣で有名な場所とは?

大阪の初詣で有名な場所とは?

大阪の初詣と言えば、すぐに思い付くのは住吉大社でしょうか。
けれど、大阪には他にも沢山の初詣スポットが存在しています。
まず、前述した「住吉大社」ですが、こちらは全国2000社以上もある住吉神社の総本社として有名です。
海の神である住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)と、息長足姫命(神功皇后)が祀られていて、総称は「住吉大神」とされています。
御利益は、開運招福、商売繁盛、交通安全、厄除け、縁結び、安産。
元旦早朝には若水の儀、三が日には住吉おどり、1月4日には五穀豊穣を願う踏歌神事、1月7日には白馬神事と、年始には多くの行事が行われています。
ちなみに、大阪の住吉大社、下関の住吉神社、博多の住吉神社の三社が、日本三大住吉とされています。

 

「成田のお不動さん」と親しまれているのが、寝屋川市成田西町にある「成田山不動尊」です。
こちらは、千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院であり、正式名称を「成田山大阪別院明王院」と言います。
日本で最初に人車一体の交通安全を祈念した寺院で、特に交通安全の御利益で広く知られています。
新年には巨大な大門松を山門前に飾って、初詣の参拝客を迎えています。

 

京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで、学問、芸術の神様として知られているのが「大阪天満宮」です。
地元の方達からは、「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ、皆に親しまれています。
お正月の三が日は、新春初神楽奉奏や新春書き初め大会も行われます。