年賀状の文例は?

年賀状の文例は?

年賀状の文例について知りたい人も多いでしょうから、少しこちらで解説させていただきたいと思います。

 

まず年賀状の書き出しというか、表題として、新年のお祝いの言葉を書きますよね。

 

もっともオーソドックスなものとしては「あけましておめでとうございます」でしょう。

 

これは小学生でも使える新年の挨拶ですが、多少くだけた表現といえなくもありません。

 

もう少し丁寧な言い方をするには以下のような言葉があります。

 

「謹んで新春のご祝詞を申し上げます」
「謹んで年始のご挨拶を申し述べます」
「謹んで年頭のご祝詞を申し上げます」
こういった言葉であれば、会社の上司であったり、取引先におくる年賀状の文例としても申し分ありません。

 

ただ、手書きするにはよっぽどの達筆でないとなかなかバランスの取れた文章になりませんから、パソコンの毛筆フォントを利用してレイアウトするか、年賀状素材サイトなどからダウンロードしたイラストの文章部分を切り取ってレイアウトするのがよいでしょう。

 

もちろん、素材サイトの規約に従った取り扱いをしてくださいね。

 

あと、上記のような感じではあまりに堅苦しいという場合は「恭賀新年」とか「謹賀新年」といった言葉もあります。

 

こういった言葉だと、漢字四文字ですから手書きするにも多少の慣れで上手に書けるようになります。

 

手書き年賀状派にはうれしい決まり文句でしょう。

 

他にも「賀春」「賀正」「迎春」といった書き出しは、先ほどの四文字のものより、少しだけ軽めの表現になります。

 

シンプルな感じで好む人も多いです。

 

さらに「新春のお喜びを申し上げます」「新年おめでとうございます」といった言葉も「あけましておめでとうございます」よりはかしこまった表現ですが、さほど堅苦しくないので知人友人や親戚などに送る年賀状に書いてもおかしくはありません。

 

その後に続く文章も、年賀状の文例集などを見れば、さまざまな文章が載っていますので参考にすると良いでしょう。

 

とりあえず、年賀状で述べるべきことは
・昨年一年間お世話になったことへのお礼
・今年も昨年と変わらぬおつきあいのお願い
の二点になるでしょう。

 

それを考えると年賀状の文例としては「旧年中は大変お世話になりました」「本年もどうぞよろしくお願いします」といったものになるでしょう。

 

また「本年もあなたにとってよい年でありますように」というような言葉も添えておくと気がきいた感じでよいですね。

 

ちなみに「去年」のことを「旧年」というのは、新年早々から「去る」という忌み言葉を避けるという意味もあります。