年賀状用のイラストを活用する?

年賀状用のイラストを活用する?

年賀状イラストを使って、パソコンで年賀状を作成する人が増えています。

 

特に年末の12月中旬以降は、年賀状イラストを無料で配布しているサイトへのアクセスや、書店に並んでいる年賀状イラストを扱った書籍や雑誌などの売れ行きが急激に伸びてきます。

 

以前は年賀状と言えば手書きとかスタンプが一般的だったようです。

 

今でも手書きの年賀状をもらうとうれしい気持ちになりますよね。

 

しかし、手書きで大量に年賀状を作成することはできません。

 

大量の年賀状を送る必要のある人は、年賀状印刷をするのが普通でした。

 

そんな中、プリントゴッコという年賀状印刷機械が発売されました。

 

これはシルクスクリーンプリントを自宅でも手軽にできるようにしたもので、鉛筆などで書いた文字や、あらかじめ用意された年賀状イラストを切り貼りして、フラッシュランプの熱により専用フィルムに細かい穴を空け、そこに色とりどりのインクを載せることで年賀状印刷が自宅でもできるようになった画期的な商品でした。

 

しかし、近年になってパソコンとカラープリンターの普及により、自宅でもかんたんにプリンターからの印刷が楽しめるようになり、年賀状の印刷もパソコンのプリンターを利用する人が増えるに従って需要がなくなり、現在では製造が中止されているようです。

 

探せばデッドストック商品が購入できるかも知れません。

 

インターネットの普及により、自作の年賀状イラストを自分のホームページで無料公開したりする人も増えています。

 

こういったイラストをダウンロードして年賀状作成ソフトや、画像の印刷ができるソフトを使って年賀状に印刷することでかんたんに年賀状が作れるのでお手軽ですね。

 

年賀状イラストは無料のものもありますし、有料で販売されているものもあります。

 

また、年賀状のイラストとして、たとえば「あけましておめでとう」の部分の文字だけとか、来年の干支のイラストなどをばらばらに手に入れて、ペイントソフトで組み合わせて一つの年賀状を完成させることもできます。

 

また、最近特に人気があるのが、ディズニーのキャラクターなどの年賀状イラストです。

 

家電量販店などで数千円のソフトを買ってくると、くまのプーさんやミッキーマウスなどのキャラクターが印刷された年賀状をお手軽に作ることができますので利用してみると良いではないでしょうか。

 

また、秋ぐらいになるとカルチャースクールなどでも年賀状イラストの描き方を教えてくれるようなところも増えますので、利用してみるのもいいかもしれません。

 

特に毛筆により味のあるイラストが描けるようになれば、年賀状を出すのも楽しみになりますし、もらった側としても非常にうれしいものでもあります。

年賀状にイラストを印刷する?

一年の締めくくりに書き、新年の始めの挨拶として送る年賀状。
送り先の相手に見合ったデザインを探して挨拶を書くのは多少面倒に思っても楽しいものです。
現在では既にイラストが印刷されている物が多く出回っており、シンプルな「松竹梅」や「富士山からの朝日」の様な模様そして干支の模様も可愛くアレンジされている物から勇壮な姿の物もあり、それぞれのニーズに合った年賀状が選べる様になっています。
その為、毎年頭を悩ませる必要が少なくなってきたのは有難いですね。
しかし逆に種類が多すぎて選ぶのに悩んでしまう事もあるでしょう。
特に親しい人への年賀状は妥協はしたくないと慎重に選ぶと思います。
しかし、迷っている間に先に買われてしまって残念な事になってしまうこともあります。
そういった事態を避ける為に気に入った年賀状は躊躇せずに出来るだけ早めに購入する事をお勧めします。
というのは人気のある年賀状は誰の目にも留まる可能性があるからです。
それからイラストと一緒に簡単な挨拶文も印刷されている年賀状もあります。
ですがそのままではあまりにもそっけなさ過ぎておざなりの挨拶になってしまいがちです。
会社単位の様に年始の挨拶として出すのであれば問題は少ないと思いますが、親しい人への年賀状の場合、それでは貰った方も嬉しくはないでしょうし人間味に欠けます。
手書きのイラストや文章の方が個性的で温かみがありますが、絵が得意な人ばかりではないので、印刷されている物の中で余白が広くなっているものやイラストに漫画のような噴出しがついている物を選び直筆で挨拶を入れる事でも印象は違ってきますので利用するといいでしょう。
ところで市販されている物では「面白みがない」「物足りない」と感じている人でパソコンをお持ちなら画像の素材サイトを廻ってみるとピンとくる画像が見つかるかもしれません。
また難しい画像処理ソフトがなくても見つけたイラストに手書きでちょっとしたアクセントを加える事で印刷だけの物よりも味がでて喜ばれることでしょう。
心に残る物はやはり手書きのメッセージだと思います。

しかし、電子メールや携帯メールで連絡が簡単に行える様になってきた事で年賀状だけでなく各種行事、お祝い事もメールで済ませてしまう人が増えているという寂しい事実があります。
確かに便利な世の中になりましたが、年の初めの挨拶である年賀状を葉書で素敵なイラストと共に大事な人へ送ってみては如何でしょう。